クレジットカード

スポンサーリンク

waonオートチャージの注意事項

先日のこと、イオングループの食品スーパーでの出来事です。いつものように買い物をしてレジに行きました。商品をスキャンして合計5340円。waonで決済と思ったのですが762円足りません、現金でお支払いください。どうしてと思いました。しかも、1ヶ月ほど前に似たような経験がありました。その時は6597円の買い物でオートチャージ2回でした。
ところが私のイオンカードは1回のレジで1回のオートチャージだったんです。では過去に1レジで2回のオートチャージができたか?それは、レジ担当者がイオンカードからwaonのオートチャージの仕組みを理解していなかった。その為に偶然2回のチャージができるキーを押してしまった。
結局、当日の買い物はwaonを使わずにイオンカードでの決済をしました。

問題がひとつあります。オートチャージは買い物を便利にするために設定しています。買い物の決済をしていないのにwaonはオートチャージしてしまいました。必要のないオートチャージでした。責任者に話しましたがwaonにオートチャージしてしまうといかなる理由があっても戻せないそうです。

この時、レジ操作を2回にわけていればこんな奇妙な事は起こらなかったと思います。あるいはオートチャージの金額設定を5000円や10000円にしてもいいかもしれません。

クレジットカードの所有基準

 クレジットカードは複数枚所持しています。他のカードと含めてかなりの数です。財布がパンパン。カードがたくさんはいる財布か専用のケースが欲しいこの頃です。

 クレジットカードの所有基準。私流ですがご紹介します。それぞれの特典、機能等ありますが主に使っているカードについて書きます。

■イオンカード
 イオンカードを作ったきっかけはインのカードが欲しくて作ったわけではありません。職場の隣にジャスコがありました。職場の同僚がジャスコの社員にジャスコカード会員獲得を頼まれてきたのです。年会費無料でしたから入会に障害はありません。同僚の顔をたてて入会しました。ジャスコカードは何年も使うことがありませんでした。そのうちに名称がイオンカードに変わっていました。私は転勤、転職でそういった情報はまったくしりませんでした。イオンカードが更新で新しいカードが届いても放置していました。
 イオンカードを使うようになったきっかけは離婚です。家計簿をつけるのが面倒なので、日常の買い物をジャスコのカードを使えば便利だと考えたのです。クレジットカードの請求書はいつどこで買ったかの記録、家計簿です。特典のポイントなんて気にしていませんでした。
 家計簿用のクレジットカードからメインカードの1枚になったきっかけはwaonにイオンカードからチャージできるようになったからです。それもレジ決済でのオートチャージは非常に便利です。
 イオンカードのポイント+waonポイントがつきます。わずかですがお得です。

■楽天カード
 楽天市場の愛用者です。なんでも楽天での購入です。楽天以外でも楽天カードを使います。ヤフーショッピング、アマゾンも楽天カードです。
 楽天ポイントが非常に使いやすいからです。ショッピングで楽天カードを使って楽天ポイントがつきます。楽天市場で買い物をすると買い物時の楽天ポイントと楽天カード購入の楽天ポイントとダブルでつきます。さらに、曜日、ショップ、商品によって楽天ポイントは2倍、3倍、10倍となります。楽天ポイントは楽天での買い物に現金と同様に使えます。さらに、楽天市場では楽天ポイントを楽天決済できる他のサイトの決済ができるようになりました。

私が使っているカードの紹介でした

waonオートチャージ

イオングループのお店で買い物をしました。今日の買い物額は5340円。もちろんwaonで支払うつもりでした。レジでカードをかざして…。waon支払4578円、後は現金をお支払いください。なんで?オートチャージでしょう。イオンカードからオートチャージでしょう。なぜ?訳がわかりません。すったもんだの末イオンカードの支払にしました。大声で叫んでいました。waonやイオンカードの規定みたいのをくどくど言うのです、おばさんが。腹が立ちます。はっきり言ってカード利用規約なんて読んでいません。ましてレジの状況なんて知りません。なぜ大声まで出したか。それは以前にオートチャージしてwaon不足があったのです。その時レジの子があれを連発しながらもwaonで支払ができたからです。帰宅してからその時のレシートを探しました。ありました。購入金額6597円、オートチャージ2回。ちゃんとwaonで支払が成立しています。
waonのHPで確認しました。面倒くさいなあ(笑)イオンカードwaon一体だと一回の買い物で1チャージ。だから金額オーバーだとわければ可能なんだ。簡単だった。たぶん、レジでもそんな設定ができるのではないのかなあ。従業員に徹底していなかった。それだけのことのようだ。私のカードは1回の買い物で1オートチャージ。足りなければ2回にわければ済む。それを従業員が知らなかっただけ。私も知らなかったんだけど(笑)
今後は自分の所持カードの内容は把握しておく必要があると痛感した。馬鹿な消費者ではダメなんだ。店員より熟知していてこそメリットがあると思う。
今日のwaonポイントを現金でくれると言っていたけど…22円。あほかと叫びたいなあ。あ〜あ、これからの買い物どうしようかな。行きにくいなあ。一番近い店なんだよ。田舎では重要。車で10分。

クレジットカードの現金化

 ラジオを聴いていて過払い利息の問題を取り上げたコマーシャルでクレジットカードの現金化を話題にしていた。50万円の買い物をしたと見せかけて現金にしてくれるそうだ。クレジットカードの決済日に50万円を入金すれば問題ないのだそうだ。クレジットカード会社の規約には現金化は違反になるらしいとのこと。ひとつひとつの買い物に商品が介在したかどうかの確認がとれないので規約違反となりにくいのだろう。  「クレジットカードの現金化」で検索するとショッピング枠を現金化とうたっている。実際にはクレジットカードのショッピング枠現金化が横行しているのだろう。現実には安価な商品を介在させて買い物を装うようだ。100円の商品を50万円で購入したことにするのだ。これなら詐欺の立証もできないそうだ。  問題は、50万円の買い物をクレジットでしたと偽装していくら現金で受け取るか?かなり低額しか受け取れないのは予想できる。ショッピング枠を現金にするという後ろめたさがあるだろうから、足下を見られることになるだろう。キャッシュバック率と表示されるのを確認した。50万円だと91%のキャッシュバック率だそうだ。HPをみたところ優良らしい(笑)一回払いで50万円の買い物をして安価な商品とキャッシュバックを受け取る。455,000円を受け取って翌月に50万円を決済しなければならない。年率計算すると…。計算式がわからないのだが月1割くらいだ。翌月に決済できればいいのだが。月1割の金利は年率だと120%なんです。なんと暴利。  クレジットカードのショッピング枠現金化は罠です。クレジットカードでキャッシング枠があるのならキャッシングした方がいいのは明白。うまい話に乗らないことが大事だ。

カードケースが欲しい

イオンカードを使おうと財布から取りだした イオンカードはクレジットカードと電子マネーwaonが一緒になって使いやすい 財布が問題なのだ 他のカードも含めてたくさんのカードを詰め込んでいる よく見るとカードを入れすぎて財布が破れているではないか これはえらいことです 財布の中に何枚のカードが入っているのか数えてみた なんと、16枚 キャッシュカード、クレジットカード、会員カード等々 これはダメだなあ 大きめのカードケースが必要だ ちょっとおしゃれな方がいいかも そういえば財布がきっちり閉まらないのだった(笑) どこかのサイトで探さないといけないなあ 20枚ほど入るカードホルダーみたいなのがあるといいんだけどなあ 考えると実際の店舗に足を運んでも目当ての商品がないことが多い ネットショッピングは便利だ さらに価格比較までできる 価格比較で大事なのはクレジットカードと送料 安く手に入るように見えても クレジットカード手数料がかかったり送料が高かったり amazonとかは1500円以上送料無料になるから便利 amazonでもamazon以外からの出品には送料がかかることを覚えておくといいね

イーバンクカードはどうなったんだ?

クレジットカードの束を眺めていて気が付いた イーバンクは楽天銀行になったけどイーバンクカードはどうなったんだ? メールが来たかも知れないけれど記憶にない あれ?イーバンクカードはイーバンクカードのままなのだろうか クレジットカードとキャッシュカードが一緒になっているので便利なのだ 特にイーバンク(楽天銀行)から引き出そうとすれば手数料がかかる ということでイーバンク(楽天銀行)の残高はイーバンクカードで使うのが賢いのだ 最近は残高が少なかったので口座もカードも使う機会がなかったわけ イーバンクカードのHPは楽天銀行になっただけでサービス自体は残っている 楽天カードを持っているので特に必要もないかなあ 前述したように楽天銀行からの引き出しに使う変わりに イーバンクカードで決済をして引き出し手数料の節約にしかならない 名称がイーバンクから楽天銀行にかわっただけ 新規発行は名称だけが楽天イーバンクカードになって イーバンクカードジョーヌのデザインはそのままのようだ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。