クレジットカード

スポンサーリンク

感謝デイ

20日30日のコマーシャルが頭についているこの頃です(笑)イオングループの5%割引の日が本日27日です。2月は30日がないため27日が5%割引の日となっています。イオングループは、ジャスコ、サティ、ビブレ、マックスバリュー等。イオンカードの提示の他に、ワオンでの購入も5%割引になるようですう。週末にもあたりますので各店からチラシが出ています。買いすぎないようにチラシチェックで賢い買い物をしましょう。

注意点があります。イオン以外のギフトカードの利用では5%割引は使えません。JCBやVISA等のギフト券をお持ちの方は、他店で使うか別の日に使いましょう。少々納得がいきませんが仕方がありません。

イオンカードの当日入会も5%割引対象です。イオンバンクカードも割引対象とのことです。

2月利用代金明細書

NTTグループカードの2月25日支払分利用代金明細書が届いた。2008年の支払が最後になるようなので、確定申告の資料がまもなくそろうことになる。
利用代金明細書をしっかり見たことがないのでチェックしてみる。
カードのご利用枠
総利用枠 20万円
カード利用枠 20万円
内キャッシュサービス 0円
内分割払い枠 20万円
内リボルビング 20万円
キャッシュサービスリボ 5万円
はて?キャッシュサービスリボって何だろう。キャッシュサービスは利用しないようにしたのにどういうわけだろうか。使わないから問題はないのだろうが、返済方法だけが残っているのだろう。

ポイントプレゼントは2010年まで有効期限が来るものはなし。

利用内容に覚えのない物はなし。
こんなに読んだことはない。クレジットカード利用にあたっては自己責任として利用代金明細書を確認しないといけないと自覚したところだ。

裏面には分割、リボ払いの支払明細がある。今は使ってないので空欄だ。

楽天ポイント

すっかり忘れていたのが楽天カード。楽天市場で楽天カードを使うと楽天ポイントが2倍もらえます。これは得だと思います。楽天市場で最安値をさがして楽天カードで決済する。すると、楽天ポイントは2倍。
時々楽天ポイント10倍とかあるけど、この場合どうなるのだろう。20倍になるのだろうか。すぐ検索だ。
ポイント10倍の時は10倍が優先かな。確認できなかった。
リボ払いだとポイント5倍になるようです。
他にも楽天で使うとメリットがあるようだ。ネット不正に巻き込まれても安心。商品未着の場合も請求が取り消すこともできるようだ。

イーバンクカード入金方法

イーバンクカードの決済口座はイーバンクだと思います。イーバンクに入金するには3万円未満だと手数料がかかります。イーバンクカードで3万円未満の決済金を入金しようとしたら手数料がかかってしまいます。これでは、イーバンクカードを使う気になりません。3万円以上の金額を入金状態にしているのは決済口座の役目ではありません。イーバンク銀行はやはりインターネットでの決済が主目的です。イーバンクカードを作った意味がなくなります。ところが、ゆうちょ銀行口座を利用すると手数料なしで入金できることがわかりました。

ゆうちょ銀行から入金する設定方法

イーバンク口座にログインし、「入金」→「ゆうちょ銀行から入金する」よりご利用になるゆうちょ銀行口座を登録します。

自動払込利用申込書をご送付します。ゆうちょ銀行口座のお届印を捺印し、ご返送ください。ご送付いただいた後、数週間で設定が完了いたします。

設定完了後、イーバンク口座の「メッセージボックス」にご案内をお届します。

こんな具合に設定さえしておけば便利です
活用しましょう
最近の郵便局はサービスが向上しています
上手に利用することです

イーバンクカード

インターネット決済に便利だと思ってイーバンク口座を開設しました。ついでにクレジットカードも申し込んだわけです。ところが盲点がありました。それも、入会後に改訂されたわけですが。入金にも手数料がかかります。一応、クレジットカードつきなので、月3回までは無料で利用できます。入金にも手数料がかかるのです。ですから、クレジット決済用の入金も有料となります。自前ATMを持たない欠点です。
 ところが、ひとつ無料で行える方法があります。使用方法の確認はしていませんが、ゆうちょ銀行を使えば入金手数料が無料になるようです。これは使わないと損です。使い方と共に調べる価値ありです。誰でもゆうちょの口座は持っていますし、持ってなかっても簡単に口座開設が可能です。
 ゆうちょ銀行とイーバンクの使い勝手確認してみます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。